下町のお肉屋さん

うちのお店から歩いて10分弱歩いたところに、お肉屋さんがあります。糖質制限を始めるまではスーパーでお肉を買っていたのですが、今、私はそのお肉屋さんで、私のためのオリジナル品を作ってもらっています。

 

そのひとつはとても気に入っている「焼き豚」です。ここ数日、ご主人がご病気で作れないということで食べられないのが残念だったのですが、娘さんが作り方を伝授されたとの電話をいただき、今、受け取ってきたところです。本当にありがたいことです。

 

もう一つ、作っていただいているのがハンバーグです。普通は、味を整えて旨味をだすためにかなりのお砂糖を入れるのですが、私のために砂糖なしで作っていただき、大助かりな一品です。そのハンバーグを使ってロールキャベツであったり、それを油揚げに入れたり、トマトに詰めて焼いたり、ピーマンの肉詰めとバリエーションを広げて楽しんでおります。お弁当のミニハンバーグにも使えるし、とても重宝な一品です。

 

でも究極は、娘さんに教わった大根餃子が一番のお気に入りになりました。大根を6-7mm巾で1/3ほど切って軽く両面に塩をふって、しなっとしてきたら水気を取って挽肉を挟みます。オイルをひいて中火で蒸し焼きにし、両面焼きます。ポン酢かレモン塩でいただきます。目からウロコの究極のディナーの出来上がりです。是非お試しを。

 

焼き豚を受け取る時に娘さんから、「お父さんがお肉屋さんの先々を心配し、涙もろくなってしまった」という話を聞かされました。墨田区にはそういう古くからの家庭経営のお店が多かったりもしますし、私としても他人事ではなかったりしますよね。来週またお肉屋さんに行く予定なので、ふかふかのオーガニックコットンのタオルをお土産に持って行こうと思っています。私の食生活を支えてくれる大事なお父さん、お母さん、娘さんに本当に感謝です。