新婦人新聞に掲載されてから・・・

9月の終わりから雨の日が多く、10月に入りやっとお日様が顔を出してくれるようになりました。秋物も9月の上旬には立ち上がり、店頭の方では少しづつ動き始めています。

 

そんな中、昨日は嬉しい一本の電話が入りました。それは、3月11日に「新ふじん新聞」にお店が紹介されたのですが、その記事をいまだに大事に持っていてくださっていたお客様が近々に店に伺いたいという電話でした。

 

そして、そのお客様が埼玉県の川口から7人の団体で本日来店されました。それにしても、掲載されてから2週間、いや数ヶ月の間は本当に慌ただしい日々も多く、売り切れの商品も何点か出たのですが、暑い夏はとても外の買い物に出る人も少なかったようで、私のお店も暇な日も多々ありました。そして9月に入ると雨が続き、ウチのような路面店は苦戦が続いていたので、そんな矢先の嬉しい電話でした。

 

それにしても女性たちの好奇心とフットワークの軽さにはいつも驚かされるばかりです。両国は初めてだというお客様においしいお昼が食べられるお店を紹介し、ゆっくり楽しんでいただけるようにご案内をしました。また、あまり外のリサーチにでられない私としては、次の企画に参考になる話や、その会話のキャッチボールの中でいろんなヒントやアイデアに繋がり有意義な時間を過ごさせていただきました。